自己紹介。

留学
スポンサーリンク

アメリカに来て約3ヶ月が経過しようとしています。

早いようにも感じますが、長いようにも感じます。ありきたりですが。

これまでのところ1ヶ月単位で環境がかわり、適応とチャレンジの連続のような毎日を過ごしてきました。

基本的にSNS等の更新は怠惰なので、結局これまで1本しか記事を上げていないことに気づきました。しかもその1本は日本にいながら更新した記事。笑

投稿時間をいじって最初の方の記事としてこの記事を出すこともできますが、自分への戒めとしてそのまま出します。

今更感が否めませんが、簡単な自己紹介をしていこうと思います。長くなりそうです。

これまで

改めまして、こんにちは。Ryoです。

自分の名前はとても好きですが、「りゃ」「りゅ」「りょ」はアメリカ人にとって発音するのが不可能に近いレベルなので、自分の名前を説明するときには必ず3回は「huh?」と聞き直され少しずつメンタルを削られています。

新潟県新潟市出身、親の転勤の関係で山形、宮城、千葉、福島、新潟と移り住んできました。

新潟県の高校を卒業し、2014年に筑波大学体育専門学群へ入学。同大学蹴球部に入部しました。

大学2年からかねてより興味のあった学生トレーナーとしての活動を始め、そちらに専念するために選手活動は2年の終わりに引退。(’引退’というワードの定義についてはスルーしてください。)

2018年に筑波大学を卒業、そのまま同大学人間総合科学研究科体育学専攻に進学。

蹴球部にて学生トレーナー兼コンディショニングコーチを担当しながら、研究活動に勤しんでいました。

味方同士で頭突きしちゃうかわいい後輩たちの応急処置をする白い帽子が僕です。

大学院に進学した時点では、日本スポーツ協会の発行する公認アスレティックトレーナー(いわゆる、JSPO-AT)の民間資格を取得し日本のサッカー界で仕事をすることを目標としていました。実際に大学院の2年間でATに必要な単位はすべて取得してあります。

ここまではテンプレですね。

大学院の2年間も後半になり、同期が少しずつ自分の進路を決めていく仲、すんなり予定通りに進路を決められるほど素直じゃなかった僕は、紆余曲折を経てアメリカ留学を決意。

この決断に至るまでの思考プロセスはまた今度。ネガ要素も入りそうなので気が向いたら書きますね。

ちなみに通常は2019年3月に修了するはずの大学院は、今のところ休学中です。トビタテ留学JAPANの奨学金の獲得を目指していたため、在学期間を延長した形です。今年の9月修了を目指して絶賛準備中です。先延ばしをすると本当に痛い目を見ますね。致し方なかったですが。

現在

さて、現在の話。

現在はアメリカのアリゾナ州ツーソンという町にあるPima Community Collegeというコミカレの学生です。

日本で言うところの科目等履修生。授業を3つ取っています。一般化学、解剖生理学、インターンシップの3つ。(解剖生理学がヘビーすぎる。。。)

インターンシップの授業は、大学外での課外活動を授業の単位にすることができるという画期的な単位。

アメリカに住むのは初めて、ましてやアメリカのアスレティックトレーナーの仕事をきちんと見たこともない僕にとっては実践を積むのにもってこいな単位ってわけです。

少し話は逸れますが、F-1ビザ(学生ビザ)でアメリカに来ている学部レベルの留学生は毎学期12単位以上を取得することが求められています。僕の場合は3つの授業を合わせて12単位。大学院は最低9単位になります。

ということで日本にいる段階から、授業を取りつつ実践を積むことができるインターンシップの環境を少しずつ構築し始めました。インターンシップについては別記事にまとめますね。

2月はSPARCCという脳震盪に特化したクリニック、3月からはPhoenix Rising FCというプロサッカーチームでアスレティックトレーナーとしてのインターンシップをさせてもらっています。

その関係で現在はアリゾナ州フェニックスという町にいます。

これから

さて、Pimaですべての単位をすべて見事取得した暁には、フロリダ州タンパにあるUniversity of South Floridaへ進学します。

専攻はAthletic Training。アメリカのNATA公認アスレティックトレーナーを養成するMasterレベルのプログラムです。(余談ですが、筑波とあわせて2つの修士号を持つことになります。)

プログラム自体は6月に始まるんですが、アリゾナで車を所有する僕はなんとフロリダまでドライブしなくてはなりません。

ざっと30時間程度。

期せずして生まれた大陸(ほぼ)横断のチャンス。たぶん人生で1度きりだろうと思うので、念入りに計画して楽しもうと思います。

以上!

さて、スプリントレベルの駆け足でだいぶ端折りまくった自己紹介ですが、ざっと肩書はこんなところです。細かいところは少しずつ補足する形でいろいろ書きますね。こういうのはまずは質より量。

これからどんな2年間になるのか。

このブログを通して発信していけたら。

トレーナーになりたい、アメリカのトレーナーに興味がある、そもそも留学ってどんな感じなのよ。

そんな皆さんの些細な情報源になれたら嬉しいです。

See ya!

2019年 グランドキャニオンにて

コメント

タイトルとURLをコピーしました